特別支給金

労災保険は、労働者が負傷したり、疾病にかかった場合、死亡した場合などに、本人やその遺族に保険給付を行う制度で、保険料は全額事業主が負担しなければなりません。
労災保険には、業務災害や通勤災害が原因で労働出来ずに賃金を受け取れない場合に、それを補償するものとして、休業補償給付・休業給付があります。給付の額は、1日について給付基礎日額の60%で、休業4日目からの支給です。さらに、被災労働者の社会復帰の促進や援護を行うことを目的とした社会復帰促進等事業の一環として支給される特別支給金として、休業特別支給金があります。
これは、上記の休業補償給付または休業給付の対象となる日について、上乗せする形で支給されます。給付の額は、1日について給付基礎日額の20%です。休業補償給付・休業給付と同時に申請を行います。
例えば、交通事故でケガをして就労出来ない場合には、自賠責保険からの休業補償を受けられますので、労災保険からの保険給付は調整されます。しかし、休業特別支給金については調整規定がありませんので、支給されます。相手方から100%の休業補償を受けた場合でも支給されますので、1日あたり120%の補償となります。

木の実

Comments are closed.