特別加入制度

労災保険が適用を受けられる労働者とは、事業に使用される者で賃金を支払われる者をいいます。個人タクシーの運転手や、大工などは労働者に該当しないので本来なら保険の適用を受けることができません。しかし、これらの者が業務に従事する場合、一般の労働者と同じように業務災害や通勤災害を被る可能性があります。こうした者にも労災保険を適用させるための制度が特別加入制度です。個人タクシー業者や大工は、一人親方等として特別加入が認められています。労働者を使用しないで行うことを状態とする者及びその者が行う事業に従事する者が一人親方等に該当します。加入の方法は、一人親方等が構成員となる団体を通じて特別加入をします。その事業に従事する者を包括して加入することが必要で、団体が申請して、政府の承認を受けることで加入できます。そのため、団体の構成員でない者は加入することができません。特別加入をすると、原則として一般労働者と同じ保険給付を受けることができ、社会復帰促進等事業も利用できます。ただし、通勤災害制度の適用が除外される場合や、2次健康診断給付等及びボーナス特別支給金が支給されないなどのいくつかの相違点があります。

???? Vol.134 ??????????

Comments are closed.