対象者と保険料

労災保険とは、労働災害補償保険法に基づく制度であり、業務上の災害や通勤時の災害などにより、労働者が負傷したり、病気になったり、障害が残ったり、死亡した際に、その被害にあった労働者や、その遺族に対して、所定の保険給付をおこなう制度のことをいいます。
労働基準法においては、仮に労働者が仕事で病気や負傷した場合には、使用者が療養費を負担し、その病気や怪我のため働けない時には、休業補償を行うことを義務付けています。しかし、事業主にその余裕がなかったり、大きな事故が生じてしまった場合には、事業主はそれを補償することができなくなってしまいますので、こうした事故や災害が生じたときに労働者が確実な補償を受けられるように、労働保険制度が設けられています。
基本的には労働者を一人でも雇用する会社において適用され、保険料は全額雇用者が負担することになります。労働者がパートであったり、アルバイトであったりしてもすべての労働者が対象となります。
労働者の負傷、疾病などに対する保険制度としては、健康保険もありますが、業務上災害について給付を受けることができませんので、労災保険の加入は雇い主にとっても雇われる人にとっても重要な保険であることを認識する必要があります。

惑星

 

Comments are closed.