さまざまな給付

雇用保険給付につきましては、離職した人が失業している期間受給出来る基本手当が一般的ですが、その他に雇用が継続して出来るようにと雇用継続給付が、離職した人が就職出来るようにと教育をして、就職の促進を促す給付があります。
雇用継続給付のなかの、高年齢雇用継続給付とは、60歳以上65歳未満の雇用保険の一般の被保険者が、賃金が低下しても、低下した場合において、低下した率に応じて補助をすることで、働き続けることを応援しています。
同じように育児休業給付とは、育児の為に働くことが困難で、賃金が受けられないもの・出勤日数が少なくて低下してしている者を応援する制度です。休業開始前2年間に賃金支払い日数が月で11日以上あることが条件です。
介護休業給付は介護の為に、家族の介護の為に賃金が低下がしたものに対して応援をする制度です。
対象家族とは、配偶者・父母・祖母・兄弟姉妹・孫です。
複数回の受給が出来ますが、この場合通算93日が限度となります。
教育訓練給付金とは、働く方の能力開発を図り、雇用の安定と再就職を図ることを目的としています。
受講開始前に、雇用保険の被保険者であった期間が3年以上あることが条件となります。
教育期間終了後、教育訓練にかかった経費の一部が補助されます。

虹

 

Comments are closed.