労災保険のシステム

労災保険は、業務や通勤をするうえで、労働者が災害により負傷した場合や疾病にかかった場合に被労働者に保険給付を行う制度です。また、障害が残った場合や、死亡した場合も対象となります。
労働者が1人でもいる事業は、必ず加入し保険料を納付する事が義務付けられています。
加入は、労働者一人一人ではなく、事業全体で加入しているため、市の事業で労働する賃金を支給されているすべての人たち(アルバイト、パートも含む)に適用されます。
給付のシステムですが、負傷したり、疾病にかかった労働者は「療養補償給付たる療養の費用請求書」という書類を提出する必要があります。
療養した医療機関が指定医療機関であればその医療機関に提出をすればよいのですが、そうではない場合は一時的に自分で立替を行い、その後、労働基準監督署長に提出を行うと費用が給付されます。
障害補償給付や遺族補償給付、葬祭料等の負傷や疾病以外での給付も、基本的には請求書を労働基準監督署長を提出を行います。
この「療養補償給付たる療養の費用請求書」は、労働基準監督署にありますのでそれを使用します。
また、労働災害は休業4日未満の場合は、これを使用せず事業主が労働者に対して休業補償を行わなければなりません。

彗星

Comments are closed.