基本手当

仕事を失った場合は加入している雇用保険から失業手当を受け取ることができます。この手当を基本手当といいます。しかし、人によって受け取る金額に差があります。受け取り金額はその人の年齢と仕事を辞める前の6ヶ月間の賃金によって決まります。計算方法は以下の通りです。まずは離職前6ヶ月間の賃金を180で割ります。この際に、残業代は含みますがボーナスは含みません。割って出た数値を賃金日額といいます。この賃金日額の約50%から80%が実際に貰える手当の額になります。しかし、各年齢によって受け取り金額には上限があるので注意が必要です。また、失業保険は状況によって手当を受け取れる期間が違います。まずは退職の理由です。退職の理由は主に三つあり、倒産といった会社に原因がある場合、病気等の自己の都合、障害がある等の就職困難者である場合です。他には年齢や雇用保険の加入期間が影響します。手当を受け取る為には、まず雇用主から雇用保険被保険者離職票、一般に離職票と呼ばれる書類を受けとります。次に最寄りのハローワークへ行き離職票と雇用保険被保険者証、身分証明書、写真、印鑑、預金通帳等を提出しましょう。ハローワークは必要書類を確認して審査を行い需給が妥当かを決定するのです。手当の受給までには必要書類も多く何度もハローワーク足を運ばなければいけません。しかし、手当を貰う為にもしっかり手続きを行いましょう。

牧草地02

Comments are closed.